iphoneのおやすみモード

iPhoneにはおやすみモードという機能があります。このモードをオンにすると画面の上部の時計の左横に三日月のマークが表示されます。おやすみモード中は着信や通知をオフにすることができます。この状態であったとしても着信や通知の履歴は残るので起きた後に確認できます。もし電話がかかってきた場合は「おかけになった電話は現在お出になりません」というアナウンスが流れます。この機能が便利なところは内容をカスタマイズできるところにあります。初期設定では着信を受けないようになっていますが、着信を受けるように設定することができます。そうするとLINEやメールなどは通知が来なくなり、電話のみに出られる状態となります。緊急の状況以外ではない限り、寝ると決めた時に特に便利なモードです。おやすみモードのオンオフ及びカスタマイズは「設定」から行うことができます。「設定」を開くと「コントロールセンター」の下に「おやすみモード」という項目があります。そこをタップするとおやすみモードに関する設定を行うことができます。おやすみモードをオンオフ切り替えできる項目の下には「時間指定」という項目があります。この項目をオンにすると開始時間と終了時間を設定することができます。これを上手く活用すれば寝る時間に「おやすみモード」がオンになり、起きる頃にはオフになるようにすることが可能です。通知に関しては「常に知らせない」と「iPhoneのロック中」のいずれかから選択することができます。実際に眠る時にはiPhoneをロック画面している方が多いと思うのでどちらを選んでもあまり変わりませんが、iPhoneを操作しつつ着信音をオフにしたい場合は「常に知らせない」を選択しておく必要があります。「折り返しの着信」をオンに設定することもできます。

おやすみモードの解除方法はこの手順です。設定アプリを開き、「おやすみモード」をタップします。その後一番上にある項目をオンにすればOKです。時間指定を行っていると設定した時間におやすみモードが自動的にオフになります。おやすみモードを能動的にオンにするようにすれば、仕事中などのマナーモード感覚で使用できます。緊急の着信のみを受けるように設定することもできます。基本的に電話に出られない時間帯であっても、緊急の電話には出たいという状況で活用できます。完全に着信をオフにしたい場合は電源オフが確実です。